So-net無料ブログ作成

幻と化した「武井バーナー」と「マナスルストーブ」の真実 [キャンプ]

ケロシン(灯油)のバーナー。

普段はおとなしい燃料。

灯油.jpg

ガソリンとはちがって扱いやすさの面で安全。
入手が容易で安価。

普段はおとなしい燃料なのに、



プレヒート(使用する為の準備の暖め作業)という手間をかけてあげ、

プレヒート.jpeg

ガス化(灯油を沸騰させる)すると、

ガス化.jpg

とてつもない威力を発生させる魔法のような燃料。





その特性を活かしたキャンプ道具。代表的な例ですが


国産の武井バーナー

武井バーナー.jpg


マナスルストーブ

マナスル.jpg

このアイテム、非常に入手が困難で、特に今年は来年の消費税アップの影響もあるのか?


全くと行っていい手に入らない。

まじで・・・入手困難。


まず、武井バーナーの現状と真実。。。


楽天やネットショップで在庫有りならいいのですが
「3・4日後に出荷」とありますよね?

たぶん、無理です。メーカー取り寄せになるはずです。

んでもってメーカー取り寄せが2ヶ月待ちになっているはずです。。。。

ネットショップで入荷予定として
ネットショップで掲載されている「1月中旬入手予定」? 
ネットショップで掲載されている「2月中旬入手予定」? 

正直、製造はめちゃくちゃ遅れていて1月入手予定は2月に、2月入手予定は3月にずれ込むと見ています。


なぜか・・

武井バーナーのパーツはすべて日本国内の町の工場の手作り。大量生産ができないんです。

武井バーナーさんがすべてのパーツを作っているわけじゃないんですね。

車と同じで、いろんなパーツを外注して、最終的に職人技で武井バーナーさんが組み立てている。。。

今年、そのパーツの一部のパーツの生産が諸事情により、遅れている・・・。
そのため10月分の注文がまだ尾を引いているのが現状。


それでなくても注文が殺到し、今シーズンはパンク状態。

消費税アップ前に入手できるならラッキー。年内は絶望的でしょう。

もし・・店頭で在庫があれば即!おさえる事をお勧めします。

定価の63000円でも売り切れちゃいます。


あ、6リッタータンクの扱いは、無くなったそうです。
tank6.jpg

職人さんがいなくなり、やむを得ず・・・中国製に切り替えたのですが、

6リッタータンクの品質がとても悪くて取扱い中止にしたそうです。おそらく6リッタータンク(国産バージョン)はプレミアムになるでしょうね。


これが、今年の今の武井バーナーの現状です。



マナスルストーブ

マナスル.jpg

これがまた・・・異常な売れ行きです。入手困難アイテム。

武井バーナーのしわ寄せもありますが、何と言っても



マナスルヒーターの限定復刻

マナスルヒーター.jpg

の影響なしには語れないでしょうね。


販売前にヒーターは2000台が完売。次期ロットも完売。

マナスルヒーターはいろんなストーブに適合しますから、
マナスルヒーター2.jpg
マナスルユーザー以外の購入もすごい事になっているようです。
マナスルヒーター3.jpg

そして、本体部分のマナスル96・121・126
マナスルストーブ.jpg

メーカーの在庫は無くなってしまいました。

来年1月にもメーカーに入荷する話はあるのですが、96・121についてはそれも完売。。。

店頭に並んでいれば、入手最後のチャンス。

次回は・・・2014年秋〜2015年・・・。


もし、本気で手に入れたいのであれば店頭の在庫をおさえるか・・・

Wild-1で販売している「マナスルストーブ+ヒータ」のセット販売をおさえてヒーターをオークションで売る・・・など


以上、私が知っている情報筋より。参考までに。。。


迷わず買えよ・・・買えば分かるさ・・・。


応援の↓クリックをしていただけるとすごく励みになります。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0